*・*・* 乳がんブログ *・*・*

乳がんの原因は牛乳だった!再発予防と健康の為に乳製品を断つことにしました。一人の経験談として参考にしていただければ幸いです。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7年目定期検査&豚肉解禁

2015'10.16 (Fri)

いらしてくださり有難うございます。

少し前になりますが、2015年5月から豚肉を解禁しました。
理由はいくつかあるのですが、家族の負担軽減が一番大きいかもしれません。
あとは体重の減りでしょうか…。
元々、服は7号サイズでしたが、少食の上、カロリーが控え目なものが多いせいか、痩せすぎと言われるように…(ーー;)
服のサイズも5号や3号サイズになってしまい、合う服を探すのも大変です…。
そのような事もあり、解禁に至りました。
少しづつ様子をみてゆきたいと思います。

牛肉は苦手というのもありますので、解禁する事はないと思います。
他はこれまで通り、牛乳を使用している製品は摂っていません。
外食の際もアレルギー表などで確認させて頂き、気をつけています。
ただ、それでも入っている事もあるかもしれませんが、それは許容範囲としています。
「絶対」にしてしまうと、それがストレスになってしまうので、それだけは避けたいのです。

「大丈夫」だと思っていれば、そうなる気がする!・・・・と思うので (´∀`)
気持ち的にはわりとゆるい感じで行っています♡


先日、7年目の定期検査に行って参りました。
血液検査、超音波検査、レントゲン、マンモグラフィーなど行い、結果的には異常なしでした。
ただ、マンモグラフィーの映像に石灰化が写っていたので少し心配でした・・・。

来年もおそらくマンモグラフィー検査をすると思うので、その後の変化を見たいと思います。
スポンサーサイト

お久しぶりです

2015'02.22 (Sun)

久しぶりの更新になってしまいました・・・(^_^;)
元気にしております!

これまでの経過をまとめてみます。

・2013年9月に、子宮と、残っていた左の卵巣を全摘しました。
 (しばらく、情緒不安定になっていたかもしれません…。既に女性ホルモンを抑える薬を飲んでいたせいか、目立った更年期症状は出ませんでした)
・術後、おなじみの腸閉塞になりました…。
・ホルモン療法のお薬を全部飲み終え、1年ごとの定期検診になりました。
・2014年1月、更年期症状(倦怠感)が気になり、漢方薬(加味逍遥散)を飲み始めました。
・2014年9月、術後6年目の定期検診(エコー、レントゲン、マンモグラフィ、血液検査)では、特に異常なしでした。
・微熱が出なくなりました。
・2015年 現在、漢方薬(加味逍遥散)を飲んでいるせいか、以前より体が軽いです。

食事もこれまでと変わらず、乳製品、牛肉、豚肉は摂らず、食品添加物もできるだけ取らないようにしています。
今年の夏で術後7年目になりますが、気を抜かずに気をつけていきたいと思っています。
今後の検査でも何もないとよいな…。
今年は、楽しいと思える事を一つでも多くできるよう頑張りたいです!

こんな経験ですが、少しでもお役にたてたなら幸いです…v

1年検査結果と薬

2013'09.11 (Wed)

乳腺外科に1年検診の結果と今後のお薬について聞きに行きました。

・エコー、レントンゲンには特に異常なし
・血液検査では貧血と腫瘍マーカーで高い数値。
これは前回も同じように出ていたので、問題ないだろうとのこと。

こちらの検査では、乳がんを対象にしている為か、肺の事も、甲状腺のことも触れていませんでした…。
なので、今回の術前検査でわかってよかったなぁと思いました。
特に問題なければそれに越したことはないですが、もう一年以上、謎の倦怠感と微熱が続いているので、その謎がわかるといいなと思います…。
入院した際、検査して頂けるといいな…。

あと、気になっていたホルモン療法のお薬の継続について!

今度の手術で卵巣が両方なくなるので、女性ホルモンを出すものがなくなれば、女性ホルモンを抑えるお薬も飲まなくていいのでは…!? と期待していたのです。

けれど、継続するように言われてしまいました…。

卵巣が全くなくても、女性ホルモンは作られるそうなのです。
なので、残りのお薬は全部飲むことになりました・・・
今年中には終わるので、それで最後だと思えば頑張れます…。あと少し…!

入院する際も忘れずに持っていかないと…。

何となくはっきりしない結果でしたのでモヤモヤしていますが、いずれわかるでしょう…。

これからは入院&手術の準備をしてゆきたいと思います。

貧血の為の鉄剤は、予想通り胃が重くてムカムカしますが、飲む前に比べたら体が少しだけ楽になってきた気がします。
血が増えてきたのでしょうか? 気のせい…?
とにかく、貧血は解消しておきたいです(`・ω・´)血よ増えて~

手術前の検査結果

2013'09.06 (Fri)

術前の検査結果を聞きに病院へ行ってきました。

気になる症状がいくつかあったのですが、手術するには問題ないとのことで、
手術は確定となりました。

以下、気になる症状(忘れないようにメモ)
・甲状腺の炎症(甲状腺の状態を調べるため、血液検査をしました。結果待ち中…)
・肺のレントゲンで何か写ってたらしい(詳細説明なし。平気なの…?)
・乳腺症(再検査の必要あり。これは乳腺外科で診てもらう)
・貧血(軽度ではない為、本日より手術日まで鉄剤を飲むことに…)

今回の検査で色々出ていて吃驚でした…。
甲状腺の検査は、以前血液検査はしたのですが(微熱が続き、倦怠感がひどいので)、それと違うものなのか、同じものなのか…。
とりあえず結果を待つ事にしました。

実は、7月におこなった1年検診の結果を、まだ乳腺外科に聞きにいっていなかったのです…。
次の予約の3ヶ月後に聞くようになっておりまして、それが10月中でした。
術後で行ける気がしない事と、7月の検査でも肺のレントゲンや、血液検査をしていたので、今回と同じ症状がでているかもしれません。
なので、慌てて予約を入れなおし、来週、今度はがんセンターに結果を聞きに行くことになりました。

どうなることやら…です。

手術まであと2週間もないので、入院の準備や体調をどうにか整えてゆかねばなりません。
ただ、貧血のせいなのか、薬の副作用なのか、甲状腺の炎症のせいなのかわかりませんが、体が重くて思うように動いてくれず、ちょっと不安です…。
こんな体調で本当に手術ができるのかしら…。

手術と入院で1ヶ月以上は会社を休むようになってしまうので、体調が悪くても頑張って出勤しているのですが、正直辛くて泣きそうです・・・。
座っているのさえ体が重くて辛いのです。今、一番楽な姿勢は横になること…!
たまに辛くて、床に倒れこみたくなります…(苦笑) それが出来たらどんなに楽か…と思いながら、人目のない時に机にうつぶせてどうにかやり過ごしております…。

体が動いてくれず、好きな事さえできない時が本当に辛いです…。
これまでずっと同じような症状が続いていましたが、ここまで動けなくなることが長く続いたのは初めてかもしれません…。ストレス・・・?
ただ、これにも波があって、動ける時は別人のように動けるのが唯一の救いです。
その時に頑張りすぎて、その反動がどっと来たりもしますが…、それでもまだそんな時があるだけ救いです!

この体調不良の原因が何なのか、検査結果でわかることを祈るばかりです。

泣いていても仕方ないので、あとは気力を振り絞って頑張るのみ…!

こういう時は前向きに事を考え、好きなことをしたりしてどうにか乗り切るのが一番なので、乏しい気力ですが頑張りたいと思います(^^)!

がんセンターの検査結果もまたこちらに書いてゆきます。

病院決まりました

2013'08.28 (Wed)

卵巣と子宮全摘出の手術をする為、病院探しを始めたのですが、手術の待ち日数が病院によって結構違うので吃驚でした。
2つに絞ったのですが、ひとつは3~4ヶ月待ち。もう一つは1ヶ月くらいと言われました。

1ヶ月待ちの方が、担当医の紹介してくださった病院でしたので、こちらに行くことに決め、担当医に急いで紹介状を書いて頂き、早速、先日行ってまいりました!


比較的新しい総合病院で、私の担当医は男性でした。
サバサバした先生で、卵巣と子宮全摘出は、乳がんになった私には適しているということで、早速手術のお話しになりました。
残っている卵巣もジワジワ大きくなっているし、待つ意味がないとおっしゃって、一番早くて来月の9/11と言われ、「はい!?」と吃驚。
それだと約2週間後です…!
1ヶ月待ちではなかったの?と思いつつ、早いほうがいいので、その翌週の9/19にして頂きました。

前日の9/18日入院、開腹手術なので10日間の入院予定です。

それから、手術前の検査をすることになり、血液検査、心電図、胸と腹部のレントゲン、肺機能検査、CTを撮りました。

その中のCTの際、本来なら造影剤を使っての撮影だったのですが、以前、造影剤を使用した時に吐き気があった為、CT撮影直前で造影剤の使用をしない事になりました。
既に造影剤を入れる為の痛い針を腕に刺して準備していたのですが、担当医から連絡があったそうで、使用中止に…。
造影剤は、何度も使用することによって、出る副作用が更に強くなることがあるそうです。
吐き気だけではおさまらず、ショック状態や痙攣を起こす事もあるそうで、万が一の事があっては大変だから…と中止になったそうです。
(CTとMRIでは造影剤を使用する量が違うそうで、CTの方が多いとか)
そんな事になるよりは、まだ痛い針を我慢するほうがましなので、よかった…と思いました。
造影剤を使用していない為、画像の映りが心配ですが、画像診断される方によーく見ていただくしかないので、本当にお願い致しますと願うばかりです…。

来週、今回の検査結果がわかるので、それで問題なければ、手術決定となります。

また決まりましたら書く事にいたします。

CTの際、いつどこで造影剤をつかったのかと聞かれたのですが、MRIやCTなど何度も撮っていたので思い出せず…。
記憶力も低下しているせいもあるのでしょうが、記録しておくのも大切だな…と心底思いました。
思い出したら教えてくださいと言われたのですが、正直無理です…と内心思っておりました。本当にごちゃごちゃになっているので・・・。
このブログのどこかに書いていればいいのですが…。
探してみようと思います…(^_^;)

 | HOME |  »

プロフィール

あいす

Author:あいす
2008年5月卵巣のう腫手術
2008年6月乳がん温存手術
2008年9月放射線治療終了
2008年10月ホルモン療法開始
2009年4月より食事改善(乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉断ち開始)
2012年9月より鶏肉のみ解禁
2013年9月子宮、卵巣全摘手術
2013年ホルモン治療終了
2015年5月より豚肉解禁
 現在、年1回の定期検査中…

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。