FC2ブログ

*・*・* 乳がんブログ *・*・*

乳がんの原因は牛乳だった!再発予防と健康の為に乳製品を断つことにしました。一人の経験談として参考にしていただければ幸いです。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後検診 ポリープ切除

2008'10.22 (Wed)

今日は卵巣嚢腫の術後検診でした。
5月手術でしたので、5ヵ月後となります。

まだ約半年しか経っていないので、変わりはないだろうと思っていたのですが、内診でポリープを発見! 
そのまま切除!

何事かと思いました…。本当に…。
すぐに取ったポリープを見せてくださったのですが、米粒よりちょっと大きいくらいのものでした。
子宮ガン検診の為の細胞を取っていたと思ったら、そのままポリープまで取っていたなんて…!
ちょっと痛かったのはそれだったの…?と後で思いました。
でも、質問に答えたり、話しをしながらだったので、あっという間でよけいに吃驚でした…。

ポリープと言っても良性のものが殆どらしいのですが、その検査結果などは後日郵送で送ってくださるそうです。
本当にもう、これ以上は何もあってほしくないです…。


久しぶりの血液検査では、白血球以外は正常値でした。
乳がんのホルモン療法でお薬を飲んでいるのですが、その副作用で白血球の減少というがあり、まさにその通りになっておりました…。
先生からも、この原因はお薬のせいなので、風邪などひかないように気をつけるよう言われました。
白血球が低いという事は、免疫力が落ちているという事なので、風邪もひきやすいし、風邪をひいたとしても、免疫力が落ちているために最悪肺炎になってしまう可能性もあるとか…。
免疫力はがんの抑制にも関わっているので、本当に気をつけなければ…!

あと、同じく副作用で、骨粗しょう症にも気をつけるように言われました。
なってからでは大変なので、今から予防した方がよいとの事。
カルシウム剤を飲んで、運動も忘れずに!
運動しないと骨が弱ってしまうので、適度な運動、ウォーキングなどが必要だそうです。

これらを気をつけていれば健康になれそうです!

遠くで時間の掛かる病院ですが、先生がよい方なので良かったです。
今日は、行って帰ってくるまでに7時間掛かりました…。
2時間待ちだって驚きませんよ…。
でも、会計の時にお金が足りない事に気づいた時は驚きました…!
今日は、予定外の検査と簡単なオペがあったので、予想を上回っておりました…。
あと千円あったら…。
近所にゆうちょがあるので助かりました。

次回は半年後。
検査結果、悪くないとよいな…。
スポンサーサイト

本日退院

2008'05.26 (Mon)

本日、無事退院してまいりました。

術後経過も問題なく、元気にしてはいるのですが、痛みもまだあるので、暫らくは家で体力を回復するべく頑張りたいと思います。
入院中は寝不足だったので、今日はゆっくり眠れたらよいなと思っております。

入院中メモをつけていたので、忘れぬ前に追々UPしてゆきたいです。

留守の間に入らして下さった方、コメントくださった方、どうもありがとうございました!

手術後3日目

2008'05.23 (Fri)

※この日記は、後日追記したものです。

熱が37.1度に下がる。
回診にて傷を診てもらい、シャワーOKと言われました。
嬉しいv

今はガーゼが貼られているので、濡れてしまうので取ってもよいそう。
シャワー後に消毒してガーゼを貼りなおすそうです。
実は、これまできちんと傷をみていなかったので、じっくり見ることができそうです。
痛々しいので、あまり見るものでもないかもしれませんが…。

今日から食事も固形のものが多くなり、ご飯も全粥に。
手術後のお通じが今日やっとありました。
恐怖のお通じだったのですが、やはり激痛をともないました…!
傷の下を通るので、まるで傷が破れたかのような痛みがあるのです。
手術後の一番辛い事は、お通じの際の激痛です…。
人によるのかも知れませんが、最低でも一週間以上はこの痛みに泣くことになるかと…。
一度経験すれば、その痛みに対して心構えができるので、多少違うかもしれません。
けれど、本当に痛いです…。
「痛い」と声を出す事もできないくらい痛いです!
お腹をかかえうずくまるしかできないので、何もしらない人がみると、ただ事ではない感じになるかと…。
痛い部分を過ぎてしまえば平気なので、ただ通りすぎるのをひたすら耐えるのみです…。


夕方シャワーを浴びました。
傷は久しぶりに見て衝撃的でしたが、ちゃんとついており、しみる事も痛みも特にありませんでした。
お通じの痛みを経験したら、しみるくらい何ともないのですが、しみないほうがいいので、それはそれで本当によかったですv
熱めシャワーで痛い筋肉をほぐし、気持的にも体も軽くなった気がしました。
とても気持よかったです。

今日はゲームを控えたせいか、消灯後、わりとすぐに眠れました。
けれど、自分の寝言で目を覚ましました…! とてもはずかしかったです…。
時計を見ると、まだ11時…。それから1~2時間ごとに目が覚めてしまい、結局朝までうつらうつらしていました。

昨日といい、ちょっと寝不足ぎみです…。
運動不足なのかしら…?

手術後2日目

2008'05.22 (Thu)

※この日記は、後日追記したものです。

微熱が下がらず…。37.3~5度くらいを行ったり来たり。

朝食がおもゆではなく、8分粥くらいになりました。
食事がかわると気分も変わりますv ホットミルクがなくなってしまったのはちょっと寂しかったですが…。

回診の際、先生に気になっていた体(背中全体の痛み)について聞きました。
すると、やはり痛みは筋肉痛で、手術中に無理な体勢を続けているため、筋肉痛になる人がいるとの事でした。
麻酔中の事は覚えていないので、どんな体勢だったのか分かりませんが、原因がわかって少し安心しました。
明日からシャワーに入れるそうなので、その際、熱めのシャワーをよーくかけると筋肉もほぐれると教えていただきました。
シャワーは傷口が心配だったので不安でしたが、早く入りたいと思えるようになりました。

お昼前に背中に入っている痛み止めを抜きました。
これも背中の痛みの原因のひとつでした…。
とても細い管が背中にあるので、寝ると場所によってはあたるのです。
これがはずされると傷の痛みの心配がありましたが、取ったあとも特に痛みは変わりませんでした。
力を入れたり、寝起きや、立ったり座ったりする際はジンジンしますが、その程度なので、今回は本当に傷の痛みが少なく感じました。
そのほかの痛みのほうが強いほどです(苦笑)

体も楽になり、暇つぶしにDSしたり、フラフラしていたのですが、夜になっても眠気がまった無く、消灯した後も眠れず困りました…。
結局9時過ぎから1時半ごろまでねばってみたものの、どうにもなりそうになかったので、睡眠導入剤をもらいました。
効果がどれほどあるのかわかりませんでしたが、2時過ぎには眠っていたようです。
目が覚めたのが6時だったので、4時間は眠れました。
ちょっと少ないですが、それでも寝た気がしました。

もう、ゲームはやりすぎないようにしようと思いました…。

手術後一日目

2008'05.21 (Wed)

※この日記は、後日追記したものです。

術後室から部屋に戻り、暫らく横になっていましたが、体が痛くて寝ているのも辛い…涙。
何故か背中がとても痛くて、その痛みはまさに筋肉痛でした。
ベッドも固めなので、そのせいもあるのかもしれません。

おトイレには歩いて行くので、起き上がってベットから降りて…というのはまだ一苦労な為、一度おきてしまうと横になるのがいやになっていました…。
歩いても痛み止めのカテーテルが背中に入っているので、傷は少しジンジンするだけなのです。
お昼前に携帯電話を掛けられるお部屋に行き、皆に経過の報告などしていました。
そんな元気な自分に、実は本人もオドロキでした。

以前、子宮筋腫の手術をした時は、翌日も姉の手を借りなくては一人でおトイレにも行けなかったのです。 
今回、その時と傷の大きさも15cmと同じですし、場所も全く同じなのに、この差は一体…。
やはり痛み止めのお薬が効いているのでしょうね。本当に凄いです!

今日のお昼から、流動食が出ました。
おもゆに具の全く入っていないスープにホットミルクにお茶です。
スープとホットミルクがとても美味しくて幸せでしたv
おもゆはご飯粒が全くはいっていないのですが、ほのかに甘みがあってそれなりにおいしかったです。
全て液体なのでお腹がいっぱいになってしまい、おもゆは全部食べ切れませんでした。

腕に刺さっている点滴用の針が痛く、ずっと気になっていたのですが、今晩最後の点滴があると言われて我慢していたのです。
けれど、力も入れる事できず、やはりどうにも気になって取ってもらいました。
すると、すこし漏れていたのかちょっと腫れていて、丸めて止めていた管のアトが腕に深く残っており、その痛みもどうやらあったようでした。
夜まで我慢せず、抜いてもらってよかった…とつくづく感じました。

入院して思った事ですが、希望があったら看護師さんにハッキリと伝えるべきだと思いました。
痛い場合も、「痛い…」だけではなく、「痛いので、痛みどめを下さい」とか、「針を抜いて欲しい」とか、どうして欲しいという事を伝えないとよけいに具合が悪くなることも…。
同室の方々も同じように感じておられたようで、後になって「あの時言っておけばよかった…」というような事もありました。
看護師さんによっても対応が変わる事があるので、お話をよく聞いてくれそうな方(タイミングも)選ぶ事も必要かと…。


夕方弟が来てくれました。お話しをして、よい気分転換になりました。

夕食は、お昼と全く同じメニュー。ホットミルクとスープが美味しいのでやはり幸せでしたv 
元気な人にはもの足りなく感じるのでしょうが、やはりお腹いっぱい満足でした。

部屋がちょっと暑い?…と思っていたら、熱が37.5度とあったからでした…。
慌てて横になり、体が少し疲れていた事を感じました。
ちょっと無理をしすぎたかもしれません。

夜はベッドの上でなるべく過ごすようにし、寝る前に最後の点滴。
この時また刺したのですが、普通の針で、外来でする時と同じものなので楽でした。

今日は熱があったせいか、10時頃にはうとうとして眠れました。

 | HOME |  »

プロフィール

あいす

Author:あいす
2008年5月卵巣のう腫手術
2008年6月乳がん温存手術
2008年9月放射線治療終了
2008年10月ホルモン療法開始
2009年4月より食事改善(乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉断ち開始)
2012年9月より鶏肉のみ解禁
2013年9月子宮、卵巣全摘手術
2013年ホルモン治療終了
2015年5月より豚肉解禁
 現在、年1回の定期検査中…

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。