FC2ブログ

*・*・* 乳がんブログ *・*・*

乳がんの原因は牛乳だった!再発予防と健康の為に乳製品を断つことにしました。一人の経験談として参考にしていただければ幸いです。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ節に転移した乳がんの半分は、もとの乳がんと異なる性質に変異!

2009'11.21 (Sat)

(Annals of Oncology誌電子版掲載より)

リンパ節に転移した乳がんの半分は、もとの乳がんと異なる性質に変異することがわかった。
英エジンバラ大学のDana Faratian氏らの調査結果によると、全体の46.9%で、原発の乳がんとリンパ節転移後のがん細胞では、三つの受容体(エストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PR)、HER2)のうち一つ以上が異なるタイプに変異していることが分かった。

また23.1%の転移巣で、ER、PR、HER2のすべてが陰性、いわゆるトリプルネガティブへの変化がみられた。

がん細胞の性質が変わってしまったのなら、治療法を根本的に変更する必要があるかもしれない。
この結果は「リンパ節に転移した乳がんの、ホルモン受容体やHER2の発現を再度テストする必要があること示している」とFaratian氏は述べている。

211リンパ節転移のうち、20がER陰性から 陽性に変わっていた。
原発の乳がんには効果のないタモキシフェンなどを用いたホルモン療法が、転移後の治療に役立つかもしれない可能性を示していることになる。



変化したガンに対して、適切ではない治療をしていた可能性があった事に衝撃を受けました。
少しの可能性があるのなら、再検査が全ての病院で当たり前のように行われるようになってほしいです。
そして、それまでに万が一転移が認められた場合は、自ら再検査を希望しましょう。
自分の命は自分で守らなければ…。
一人でも多くの命が救われますように…!

拍手有難うございます!

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

あいす

Author:あいす
2008年5月卵巣のう腫手術
2008年6月乳がん温存手術
2008年9月放射線治療終了
2008年10月ホルモン療法開始
2009年4月より食事改善(乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉断ち開始)
2012年9月より鶏肉のみ解禁
2013年9月子宮、卵巣全摘手術
2013年ホルモン治療終了
2015年5月より豚肉解禁
 現在、年1回の定期検査中…

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。