FC2ブログ

*・*・* 乳がんブログ *・*・*

乳がんの原因は牛乳だった!再発予防と健康の為に乳製品を断つことにしました。一人の経験談として参考にしていただければ幸いです。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮内膜増殖症…

2010'03.15 (Mon)

以前からお世話になっている、東京の病院へ診察に行きました。
先日は検査も痛みが強く大変だったのですが、こちらは先生が慣れているのか、たいした痛みもなく内診して頂きました。

診察の結果、「子宮内膜増殖症」とのことでした。

原因はおそらく、ホルモン療法で使用しているタモキシフェンのお薬の副作用。

治療は、全身麻酔をして検査&子宮内膜全面掻破(ソウハ)と言われました…。


前回の病院では病名を言われなかったので、今回すぐに言って頂けてスッキリしました。
ただ、初めて聞く診断名に???でした…。

とにかく子宮内を綺麗にして検査しなければ何もわからないので、25日に手術がきまりました。

近所の病院では事前に処置が必要だったのですが、こちらの病院では一日ですむそうで、費用は一万円と言われました。
最初の病院は2万くらいと言っていました。(処置の分高いのかも)
日帰り手術なので、麻酔が覚めれば帰れるそうです。
手術は10分ちょっとで終わるようで、それから3時間くらいで帰れるとか。

無事に終わって早く帰りたいです。



■子宮内膜増殖症について■
子宮内膜が過剰増殖した病態。一部は子宮体癌の前癌病変となる。
40代後半に好発し(←無排卵周期症)、閉経後は少なくなる(←エストロゲン分泌低下)。

~病態~
unopposed estrogenの持続刺激
エストロゲン過剰: エストロゲン産生腫瘍、無排卵周期症、多嚢胞性卵巣症候群、肥満、薬剤
プロゲステロン減少: 黄体機能不全症
タモキシフェン: 乳腺では抗エストロゲン作用だが、本症の危険因子となる(←子宮内膜では反応が異なる?)


~分類~
単純型子宮内膜増殖症: 構造異型も細胞異型もない
単純型子宮内膜異型増殖症: 構造異型ないが細胞異型ある
複雑型子宮内膜増殖症: 構造異型あるが細胞異型ない
複雑型子宮内膜異型増殖症: 構造異型も細胞異型もある


~経過~
細胞異型がなければ多くは自然消退し、子宮体癌に移行する確率は低い。
複雑型子宮内膜異形増殖症では約30%が数年で発癌。


~症状~
不正性器出血: 破綻出血に起因


~検査~
・細胞診
・四方向内膜組織診
・子宮鏡で観察しながら麻酔科に子宮内膜全面掻破


~治療~
挙児希望がある場合、細胞異形なければ経過観察。
細胞異型があれば酢酸メドロキシプロゲステロン(血栓性疾患には禁忌)

挙児希望がない場合、細胞異形なければ経過観察。
細胞異形があれば単純子宮全摘術。





31日結果がでます。
何もなければいいな。


<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

あいす

Author:あいす
2008年5月卵巣のう腫手術
2008年6月乳がん温存手術
2008年9月放射線治療終了
2008年10月ホルモン療法開始
2009年4月より食事改善(乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉断ち開始)
2012年9月より鶏肉のみ解禁
2013年9月子宮、卵巣全摘手術
2013年ホルモン治療終了
2015年5月より豚肉解禁
 現在、年1回の定期検査中…

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。