FC2ブログ

*・*・* 乳がんブログ *・*・*

乳がんの原因は牛乳だった!再発予防と健康の為に乳製品を断つことにしました。一人の経験談として参考にしていただければ幸いです。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮内膜掻破&検査結果

2010'04.01 (Thu)

先日25日に、子宮内膜全面掻破をいたしました。


■手術のおおまかな流れ

・手術の12時間前から飲食禁止。

・当日、事前に内金として1万円を支払う。

・15:30頃、安静室にて手術着に着替え、唾液などの分泌を抑える為の筋肉注射をし、点滴を入れる。

・歩いて手術室に行き、手術台に乗っていくつか質問に答える。そこで担当医が私を診てくださっている先生でない事を知りショックをうける…。
何故なぜ…と思っていると、麻酔が点滴から入り、数秒で目が重くなり、体に変な感覚が・・・と思っているうちに意識がなくなる。

・一時間過ぎた頃? 17時台に目が覚め始める。
早く帰りたかったので、どうにか目を覚まそうと自分で頬を叩いてみたりするが、やはり眠い…。

・水分を全く摂っていなかったので、ここでようやく用意されていたお茶を寝ながら飲ませてもらう。
(病院でお茶と軽食(サンドイッチ)が用意されていました)

・眠気と共に、お腹に痛みが…! 生理痛の時のような痛みがあり、痛くて激しくお腹をさすっていると、付き添ってくれていた身内が看護師さんに伝えてくれたようで、座薬の痛み止めを入れてもらう。

・それから落ち着いたせいか寝てしまう…。だが喉の渇きが酷く、起きてみると19時を過ぎていた!
慌てて着替えるが、体はまだ重く、ムカムカと気持ちが悪い…。
せっかくの軽食も食べるどころではない…。
どうにも動けずにいると、あんまり遅いので心配した看護師さんが様子を見に来てくれる。

・外来がまだ開いていた事もあり、ゆっくりしていても大丈夫と言ってくれましたが、帰るのに車で3時間かかってしまうので、19:40頃どうにか病院を出る。まだちょっと体が重い…。
(麻酔がスッキリさめて元気に帰る方もいれば、私のように効きすぎる人もいるそうです…)

・23時ようやく帰宅。
麻酔も切れたようで、26時間ぶりの食事を摂る。やっと落ち着く。



思っていたよりも大変だと感じました。
麻酔が残ってしまったのが大きかったですが、もう二度とやりたくないと思いました…。




そして31日、驚きの検査結果が…!

気になっていた細胞の検査結果は問題ないとの事で、悪いものではありませんでした。

しかし、その検査されたものは、子宮内膜掻破で取った物の、ほんの一部だったのです…!

先生によると、私の子宮内膜は硬くこびりついていてどうにも取る事ができなかったとか…。
その為、外来の診察中だった私の担当医が呼ばれ、二人ががりでやってみたものの、やはり全面掻破することができず、どうにか取れたもので検査したそうです。

それを聞き、ショックと納得が…。
実は、手術後からずっと出血が続いており、不思議に思っていたのです。
先生にお話しすると、止血効果のある漢方薬を使う事に。
一週間飲んで止まらない場合は、すぐに病院に来るようにと言われました。

まだ、残っている内膜に悪いものが潜んでいる恐れもあるため、また数ヶ月後に診て、今度の治療方法を決めるそうです。
それを聞いてガッカリ…。
もう二度とやりたくないと思っていたのに…。

今後の治療についてや、病院選びも考えなおそうかと思っています。

このまま取れなかったら、子宮を取る事になるのかな…。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

はじめまして

ご訪問、ありがとうございます。

ブログ、さっとですが読ませていただきました。
僕とは癌の部位も、食事療法に至るプロセス、やり方も?少し違うようですが
ブログを始めた趣旨、経緯など、何か合い通じるものを感じました。

ご自身の知識と経験を後から来る患者さんのために公開するブログに、改めて敬意を表します。

「食事療法」頑張ってらっしゃるんですね!
僕はゲルソンジュースを中心に、マクロビメニューというスタイル。
ポリフェノールと言うより、酵素のチカラを信じてるほうで
頑張れNK細胞・・・という意味では同じかな?と思います。

僕は「鶏の胸肉」だけはOKにしていますが
アイスさんは、減塩とかは意識されてないのでしょうか?

チョコレートは悪い…とされていたのですが
柄に似合わず好きなので、困っていました。
アイスさんの記事を読んで、安心して食べようかな?などと思います。

あと、マーガリンですが、僕の使っている「帝国ホテルマーガリン」は、
トランス脂肪酸の含有量が極めて少ないマーガリンですよ。

僕は、「食事療法」と言う、いかにも「不味そう」で、情けないイメージがイヤで
何とか<そのルールの範囲内>で、美味しいモノを作りたくて
それをネタにしていますが、最近は「パン作り」が多いですね(笑)

癌が治るわけじゃなさそうですが
再発防止、転移防止に向けて、お互い頑張って行きたいものです。
また、訪問させていただきます。…癌ダム4G

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

あいす

Author:あいす
2008年5月卵巣のう腫手術
2008年6月乳がん温存手術
2008年9月放射線治療終了
2008年10月ホルモン療法開始
2009年4月より食事改善(乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉断ち開始)
2012年9月より鶏肉のみ解禁
2013年9月子宮、卵巣全摘手術
2013年ホルモン治療終了
2015年5月より豚肉解禁
 現在、年1回の定期検査中…

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。