FC2ブログ

*・*・* 乳がんブログ *・*・*

乳がんの原因は牛乳だった!再発予防と健康の為に乳製品を断つことにしました。一人の経験談として参考にしていただければ幸いです。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術&入院説明

2008'04.16 (Wed)

今日は、5月20日に予定されている、卵巣嚢腫の手術について詳しい説明を聞きに病院へ行きました。

私の卵巣嚢腫は21cm×10cmとかなり大きく、当初は卵巣ガンの疑いがあったほどでしたが、手術は簡単なものだそうで、先生の説明に思わず笑ってしまいました。

「子宮筋腫の手術をしているのよね。だったら同じ所を切って、中の水をジャーと出して、伸びた卵巣をビローンと取り出して切ってしまえばいいだけだから」

…と、本当に簡単そうに仰るので、成る程~と、気持も楽になりました。
腸の癒着の問題もありますが、今は癒着防止の薬があるそうで、それを流し入れる事で癒着が防げるそうです。
子宮筋腫の手術をした時はそのようなものは無かったので、当時はお腹を動かしたりしていましたが、それがなくなるのは嬉しいですv 
腸閉塞も辛いですし…。
今回の手術は出血も少ないそうなので、自己血を用意しておく必要もないとか。
こちらの病院では、輸血ではなく自己血を使用しているので、手術前の検査あたりで事前に採血します。その日は少しフラフラしますが、輸血よりは安心なので食事などでカバー!
今回は用意する必要が無いと言われましたが、ギリギリ貧血ぎみだそうなので、お薬を飲んでおくように言われてしまいました…。
検査前までには貧血をなおしておかないと…!

先生に手術のお話しを聞いた後、別の部屋で看護士の方から入院時に必要な物や、退院までの流れを詳しく教えてもらいました。
入院手帳というものを頂き、それにも全ての流が詳しく書いてあるので、忘れる事もなく安心です。
以前の手術の時とは違い、足には血行を良くするためのストッキングをはいたり、マッサージの器具を付けたりと、至れり尽くせりな感じを受けました。
手術後の痛みを軽くする痛み止めも使用しているそうで、説明を受ければ受けるほど安心してゆきました。

次回は5月2日。 手術前検査です。レントゲンを撮ったり、血液を採ったり健康状態をみるとか。
それまでに、貧血がなおっていると良いな。 

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

あいす

Author:あいす
2008年5月卵巣のう腫手術
2008年6月乳がん温存手術
2008年9月放射線治療終了
2008年10月ホルモン療法開始
2009年4月より食事改善(乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉断ち開始)
2012年9月より鶏肉のみ解禁
2013年9月子宮、卵巣全摘手術
2013年ホルモン治療終了
2015年5月より豚肉解禁
 現在、年1回の定期検査中…

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。